★MMORPG「メイプルストーリー」花梨サーバで活動する某弩使いとビショップの気まぐれブログ。
<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「フリズベルク」意外だった続き。
フリズベルク考察 の追記記事です。

フリズベルクが30になり、一通り記事が完成ということでお知らせしまーす。
文章の修正と、分かりやすくなるかなー?って思い増加表も載せました。

スキルLv.21~30の結果が非常に意外でした。結氷時間が長くなると、どこぞやから情報があったのに、実際は時間の変化は、独断では「変わらない」という結論に至りました。
噂はただの噂、ということだったんでしょうか。
考察では結氷時間表記を【短】【中】【長】3段階にて書き表すようにしていました。

 【短】:フリズベルクが次の攻撃を開始する直前から溶け始めるが、襲われない
 【中】:両側に1体ずついる敵を交互に攻撃すると、溶けて襲われることがある
 【長】:左右交互に攻撃しても、襲われない程度

結氷の持続時間は非常に長くなったりとムラが激しいですけど、基本的には「起きるムラのなかで一番早く溶けた時間」が有効かなということで、それを基準に取りました。

そうすると、Lv.11~30までの間では、左右交互撃ちをする場合、半々程度の確率で敵が溶けて襲われることがあることを確認したため、危険性及び信頼性を見込んだ上で、スキルLv.21以降の結氷時間ランクを【中】としておきました。


以上より、フリズベルクのスキル取得優先度が多少変化することが考えられます。
色々な狩場で幅広く活躍したいという方には、フリズベルクはLv.1で十分かもです。
反対に、弱点特化な狩り方を望む方はLv.30まで上げるべきです。
結氷時間はLv.11で延びて以降は等しいので、Lv.11止めも考えられますが、こちらはマスタリーブックとの対価的にあまり良い選択ではないと思います。1対1の戦いなら結氷時間【短】で十分防御可能ですので、スキルLv.1にした後は、他の有効スキルの上昇を率先させたほうがいいかもしれません。

これからフリズベルクを上げていきたいという人は、なるべく高いスキルレベルを目指したいったほうがいいかもしれないですね。
[PR]
by aruen314 | 2007-10-20 22:37 | あるえん日記

デッドオアアライブ
ある意味このブログの運命を分けた瞬間だと思いました。
f0098218_1447834.jpg
キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━( )━(。 )━(A。 )━(。A。)━━━!!
念願のフリズ30マスタリーを1発で成功でっす!
在庫が最近花梨には3冊しか出回ってなかったんですけど、所持金が厳しくて、値下がりするの待ってたんです。2軒の露店にそれぞれ1冊と2冊売り出されていたけれど、1冊が売れてしまって、その日の夜中にもうかたっぽの露店でさらに1冊売れて残り1冊なので、諦めてこの1冊に賭ける事にしましたところ、見事に光りました~。

おかげさまでフリズ考察の表をやっと自力で埋めることが出来るようになりました。もうすぐ完成、しばらくお待ちあれ~~☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
[PR]
by aruen314 | 2007-10-19 14:58 | あるえん日記

う~~~ん・・・
どうも皆さんおひさしゅうー
7月で更新打ち止めで放置状態だったんですが、、
こないだちょっと、とあるハプニングが起きたことに気付きまして。

たまたまメイポ関連のサイト様を訪問していたところ、
funny days」様のトップページリンクより、メイポの育成サイトという形でピックアップ
されているのを知って、ものすごーく焦りました・・・@@
この度は当ブログを選んでいただき、誠に有難うございますmm

そんなわけで、現在少し困った心境に駆られています。
どうもこのような不完全な状態のままで、他サイト様から推薦してもらえたことが
相応しくないように感じています。
データサイトとして提供していくには何となく少ない気がしますし、考察も一部中途半端に終わっていることが気にかかります。また、各記事を最新パッチにあわせて修正などもしなければなりませんね。
改めて記事全体の見直しを図るとともに、また少しでも役に立てそうなデータが提供できたら良いなと思っています。
ただメイポに関しては、依然「遊びに来る」という形でINしていくつもりなので、特に最近のパッチなどの内容に関しての記事は書けないかもしれないです。

ではでは、またもうすこし頑張ってみますんでよろしくですmm



まだ時々1日で100人近く来るのでものすごいびっくりだったりします@@
[PR]
by aruen314 | 2007-10-09 16:25 | お知らせ

| Home |
 
Copyright (c) Nexon Corporation and Nexon Japan Co.Ltd. All rights reserved.